利点と欠点を把握する

- 利点と欠点を把握する

利点と欠点を把握する

2017年12月20日 3:58 PM

もしファクタリングの導入を検討しているのであれば、利点と欠点をしっかりと把握した上で決めるようにしましょう。確かに、経営状況を改善させるには便利なサービスですが、安易に導入すれば余計なコストを強いられることになります。

早期に資金を確保できるのが1番のメリット

ファクタリングの1番のメリットとも言えるのが、資金調達を早期に行えるという点です。審査のスピードも銀行の融資に比べると遥かに早いですし、中小企業にとっては非常に便利なサービスとなります。また、利用できる金額は売掛金に基づいて決められることになるので、高額な資金調達も可能となります。

また、契約をする際に償還請求権が発生することがないので、仮に取引先の企業が倒産してしまった場合でも、支払い義務が発生することはありません。つまり、売掛金を回収できないという大きなリスクを回避することができるのも、魅力の1つだと言えるでしょう。

様々なコストが必要となるデメリットがある

ただ、専門業者に依頼をするとなれば、当然ながら手数料を支払わなければなりません。詳細な数値は会社によっても異なりますが、売掛金の10%から20%ほどの手数料を払うことになります。したがって、どうしてもある程度の損失は受け入れないといけないので、そこの判断を慎重に行う必要があります。

それ以外にも、登記の手続きであったり、交渉をする際の人件費なども発生することになり、いろんな部分でコストが必要になってきます。そういった欠点があることも把握した上で、導入するかどうかを検討しなければなりません。

欠点やリスクをどの程度許容できるか

銀行からの融資やビジネスローンに比べれば、間違いなく利用しやすいサービスとなっていますし、特に信用情報が十分とは言えない中小企業にとっては、とても魅力的な存在だと言えるでしょう。

しかし、だからと言って何も考えずに導入してしまうと、本来回収できたはずの金額よりも大幅に目減りをしてしまうわけですから、一概にいいことばかりではありません。欠点やリスクをどの程度許容できるかを考えて、自社にとってメリットの方が大きいと判断したら、導入を決定すればいいでしょう。

上手に活用できれば大きな味方になる

ファクタリングは、正しい方法で上手に活用することができれば、経営状況を良くしてくれる頼もしい存在になってくれますし、適切にりようすれば大きな味方になってくれることでしょう。

≪ 前の記事:
Copyright(C)2017 ファクタリングの仕組みやメリット・デメリットを解説する情報サイト All Rights Reserved.