重要となる会社選び

- 重要となる会社選び

重要となる会社選び

2017年12月20日 3:58 PM

ファクタリングを導入するにあたっては、専門業者に依頼をすることになるわけですが、その際に重要となるのが会社選びとなります。優良で信頼できる会社であることは大前提ですが、その上で自社に合ったサービスを提供してくれるところを選ぶ必要があります。

まずは2社間か3社間かを選ぶことになる

ファクタリングには、自社と業者だけで契約を結ぶ2社間と、そこに取引先である企業を交える3社間の方式があります。前者の場合、売掛金の買取りを企業に知られないメリットはありますが、その分手数料の方が高めに設定されています。後者の場合、手数料は低く設定されますが、売掛金を買い取ってもらったことを知られてしまうデメリットがあります。

近年では2社間での契約が主流となっており、資金調達も迅速に行うことができるので、資金繰りに困っている企業にとっては利点が大きいと言えます。

取り扱い金額に注目をする

会社によって、最大でも数百万円程度までしか対応していないところもあれば、数億円まで買い取ってもらえるところもあります。どちらがいいとは一概には言えませんが、そこまで高額でない売掛債権を買い取ってもらう場合は、前者のような会社を選ぶのがいいかもしれません。上限が低い分、審査の方も短時間で済みますから、容易に資金調達を行うことができます。

スタッフの対応も重視する

会社に依頼をするにあたって、電話相談や面談の方を事前に行うことになりますが、その際のスタッフの対応にも注目するようにしましょう。分かりやすく説明をしているか、曖昧な表現をしていないかなど、しっかりと確認しておきたいところです。もしかしたら、これから先何度も利用する機会があるかもしれませんから、信頼できる会社を見つけることはとても重要なことになります。

悪質な業者にはくれぐれも注意する

残念ながら、全ての会社が信用できるとは言えないのが現状であり、中には法外な手数料を要求したり、2社間にも関わらず償還請求権があったり、そもそも契約書自体がなかったりするなど、そういったケースも少なからず存在します。当然ながら、そういった会社は絶対に利用しないようにして、別のところを探すようにしましょう。

安易に選ぶようなことだけはしない

いずれにしても、ファクタリングの会社を選ぶにあたっては、安易に決めるようなことだけはしないようにしましょう。しっかりと情報収集を行って、会社の評判などもチェックした上で決めなければなりません。

≪ 前の記事:
Copyright(C)2017 ファクタリングの仕組みやメリット・デメリットを解説する情報サイト All Rights Reserved.