ファクタリングかそれとも他の融資か

- ファクタリングかそれとも他の融資か

ファクタリングかそれとも他の融資か

2017年12月24日 4:26 PM

資金繰りに困った状況になれば、資金調達をする必要がありますが、その際にどういった選択をすればいいのでしょうか。一般的には、銀行であったりビジネスローンなどで融資をしてもらう方法がありますが、最近ではファクタリングを導入する企業も多くなっています。

低金利で借りられることは魅力的ですが

資金調達の方法として、銀行からの融資であったり、あるいはビジネスローンや事業者ローンを利用するのは、昔からあるスタンダードな選択肢となっています。低金利で借りることができるので、資金繰りに困った企業にとっては魅力的なサービスだと言えるでしょう。

ただ、これらのサービスを利用する際には、審査に通らなければなりません。したがって、借入が複数あったり、決算が赤字で債務超過があったり、企業の信用情報に何らかの問題があれば、借入を断られてしまう可能性が高くなってしまいます。仮に審査には通過しても、希望する金額よりも遥かに少ない融資しか受けられないケースも多いです。

スムーズに資金が手に入る

一方でファクタリングの場合は、売掛債権を買い取る形式となっているので、最低限の審査さえクリアすればすぐに入金されるので、スムーズに資金調達を行うことができます。売掛金の15%前後の手数料を支払う必要がありますが、中小企業にとっては非常に便利に利用できるサービスとなっています。

また、信用情報に傷が付くこともありませんし、売掛金の金額が上限となりますから、希望する金額を借りられないということもありません。

状況に応じて使い分けるのがいい

どちらの方法も、良い面もあれば欠点もあるわけですから、状況に応じて使い分けるのがいいでしょう。例えば、資金繰りがかなり悪化しており、早急な改善が求められる状況であれば、ファクタリングですぐに現金を手にした方がいいでしょう。そして、ある程度経営状況も改善されたのであれば、銀行やビジネスローンの利用を検討すればいいかと思います。

個人の借入の場合でも、即日で現金が必要な人もあれば、時間はかかっても金利の低さを重視する人もいるでしょうから、それぞれの状況に合った選択を取るのが望ましいです。

どの選択が正解ということはない

それぞれの企業によって経営状況も違ってきますし、資金調達の方法に正解があるわけではありません。だからこそ、それぞれのサービスの違いをしっかりと把握して、自社にとってベストな選択をすることが大事になってきます。

関連記事:

    None Found

Copyright(C)2017 ファクタリングの仕組みやメリット・デメリットを解説する情報サイト All Rights Reserved.